賃貸経営を安定化する制度|土地活用を考えているなら安定の駐車場経営をトライ
つみきとお金

土地活用を考えているなら安定の駐車場経営をトライ

賃貸経営を安定化する制度

男性

家賃の滞納リスクに備える

アパート・マンション経営は家賃という形で収入が毎月恒常的に得られるため、非常に安定したビジネスと言われています。ただ、安定経営には前提条件があります。それは言うまでもなく、家賃がいつでも滞りなく納入されることです。しかし現実には滞納、場合によっては回収不能といった事態が起こることもあります。こうしたリスクに備えるためには、家賃債権をしっかりと確保できるシステムが必要です。それが家賃債務保証制度です。家賃債務保証とは、入居者が家賃を期限までに納入しなかったり、督促にも応じなかった場合に、専門の保証会社が代位弁済を行うシステムです。個人である連帯保証人に弁済を求めるよりも確実性が高いという特徴があります。

収納は専門会社が代行

家賃債務保証制度は、賃貸住宅への入居時に家主及び入居者がそれぞれ保証会社と契約を締結することで利用できます。といっても、保証会社は契約時に独自の基準で審査を行うため、あらゆる場合に利用できるとは限らない点には注意が必要です。ただ、この審査をもって家主が自ら行う入居審査を省略できるという利点もあります。契約後は、毎月の家賃は保証会社がいったん受け取り、家主に納入するという形式をとるのが一般的です。仮に滞納等が発生した場合でも、保証会社は家賃の全額を支払う義務があります。つまり家賃債務保証制度とは、債権の確保を保証会社に一任できるシステムであると同時に、家賃の収納事務を省力化できるシステムでもあるわけです。